脳腫瘍による症状は早めの治療が大切【どんな症状があるか】

自費診療と保険診療

医療

違いを知って受診

体には多くの血管があり、全身に血液が流れています。心臓の強いポンプで全身に送られるものの、足先まで行った血液はなかなか戻ることができません。一応足から上に上がってくる血管には上に上がりやすいような弁がついていて、逆流しないようになっています。しかし、色々な原因でその弁がうまく機能しなくなり血液がうまく戻らなくなります。そのままにしているとある部分に血液がたまるようになり、それを下肢静脈瘤と言います。病気ではなく症状の一つです。下肢静脈瘤は病気ではないので、必ずしも治療は必要ありません。ただし見た目も良くなく、血流は悪くなるので体への影響が全くないわけではありません。そこで病院で治療することを考えてみましょう。名医といわれる医師がいる病院であれば、下肢静脈瘤の治療もそれほど痛みもありませんし、簡単に行ってくれるところもあります。名医のいる病院は大きなところもあれば、一般的なクリニックもあります。オフィスビルなどで下肢静脈瘤専門の治療を行うところもあります。下肢静脈瘤の治療を名医のいる病院で行うとき、自費診療と保険診療が選択できるときがあります。自費診療だと片足で20万円ほどになります。保険診療だと5万円ほどで受けられるときもあります。自費診療は名医が特別なレーザーを使うため、治療の負担が少なかったり、治療回数を減らせるメリットがあります。症状によって保険適用の治療を受けられない時がありますが、自費診療であればある程度までは受けられます。